【第105回】アダルトブロックはレジストラの金儲けではありません

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

年間5万円以上を支払うアダルトブロックサービスは、レジストラのお金儲けではないことをご存知ですか?

 

もしもあなたの会社の名前がアダルトサイトとして勝手に使用されたら、ブランドイメージが
大きく毀損され、それまでに築き上げた信用を失墜しかねません。その上、 第三者に取得さ
れた「社名.xxx」 を取り戻すためにはUDRP(Uniform Domain Name Dispute Resolution
Policy、統一ドメイン名紛争処理方針)に申し立てを行い、100万円以上の費用と時間がかか
ります。このように社名等のブランド名を、第三者によって勝手に取得されることから保護す
る“非アダルト事業者向けサービス”としてアダルトブロックは提供されています。

 

 

提供元は、「.xxx」、「.adult」、「.porn」、「.sex」のレジストリであるGoDaddy Registry
(2021年10月現在)。アダルトブロックサービスの登録料金は高額ですが、レジストリのメニュ
ーをそのまま販売しています。登録にかかる費用は、1年(52,800円)、3年(143,000円)、5年
(220,000円)、10年(385,000円)から選択できますが、レジストリがICM Registryだった2011年
は、10年(63,000円)しか選択できませんでした。更に当時は、「.xxx」のみのブロックにも
かかわらず、65,000件以上の登録がありました。レジストリがICM RegistryからMinds + Machines
(MMX)
に変わってから、2018年より1、3、5、10年より選択可能になり、ブロックできるドメイン
「.xxx」、「.adult」、「.porn」、「.sex」の4つとなりました。これらのドメインを販売して
いる以上、レジストラはアダルトブロックサービスを販売メニューの1つとしているのです。

 

※登録料金はすべてゴンベエドメインが提供するアダルトブロックサービスにおける提供料金。

 

参考
.XXX blocks retire; new services to cover all adult TLDs
Now Is the Time to Block Use of Trademarks as .XXX Domain Names: Sunrise Period Opens September 7, 2011

 

・関連記事
デジタル資産「NFT」はドメインも高額で取引されている
ニッサン(日産自動車)が「nissan.com」を取得できない理由
アメリカ最大のランジェリーブランドを怒らせてドメインを取られる
ターゲットを富裕層から一般層に変えてしまったドメイン
プリンスの遺産がドメイン「Prince.com」紛争に決着をつける

You may also like...