【第132回】Googleが10年以上かけて手に入れた、どうしても欲しかったGoggleのドメイン

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

Google社が10年以上かけて手に入れた、どうしても欲しかったGoggleのドメインをご存じですか?

 

そのドメインとは、「goggle(ゴーグル).com」です。「google」ではありません。

 

同社は2010年8月からNational Arbitration Forumに、「goggle.com」はフィッシング詐欺を
ホストするWebサイトにつながっていると苦情を申し立てていました。

 

申し立てから約12年後の2022年10月下旬、検索エンジンにアクセスするユーザーがタイプ
ミスをしがちなドメインとして、ブランド保護の観点から申し立てが受理され、
Right of the Dotのオークションに「goggle.com」、そして「goggle.net」と「goggle.org」も
出品されました。この3つのドメインの合計落札価格は、270,000ドル(約3,993万円※)。

とても高額です。

 

世界規模でWebサイトの分析ができる無料のマーケティングツール、SimilarWeb
(シミラーウェブ)によると、「goggle.com」の2022年7月のサイト訪問数は466,800人に
上るそうです。
かなりの数の人々がタイプミスをして「goggle.com」にアクセスしていたの
ではないでしょうか。

 

※2022年10月 1ドル=148円

 

参考
Google Got Goggle.com

 

・関連記事
誤認をねらったまぎらわしいドメイン、ɢoogle.com
Googleはタイプミスによって誕生した
「Google.com」が第三者に取得された原因は“更新忘れ”ではなく“バグ”
超有名企業を表すドメイン「.谷歌」
Googleと揉めたアヒル

You may also like...