【第80回】あのドメインは今・・・ハワイを表す「.hawaii」

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

ハワイを表すドメイン「.hawaii」をご存知ですか?

 

「.hawaii」を知っている人は、恐らくほとんどいないでしょう。なぜなら、「.hawaii」は存在
しないからです。2012年2月、ハワイ州議会は「.hawaii」、「.hi」、「.aloha」以上3つのドメ
インの申請を義務付ける法案をハワイ州ビジネス経済開発観光局に提案しました。提案の理由
は、これら3つのドメインがハワイ州以外の管理下で運営された場合に発生する潜在的な損害を
防ぐことが不可欠である、というものでした。

 

しかし、2012年1月12日から4月20日まで行われた、「.earth」や「.osaka」等の新しいドメイン
の申請を受け付ける「新gTLDプログラム」の申請期間中に「.hawaii」、「.hi」、「.aloha」が
申請されることはありませんでした。「.hi」は、将来のccTLD(国別コードトップレベルドメイ
ン)の使用に備えて、2つの文字の組み合わせすべてがICANNによって予約されているため、申請
できませんでした。

 

最終的に、高額な申請費用18万5000ドル(1ドメインにつき)がネックになったのか、申請しな
かった理由は定かではありませんが、もし一般企業が「.aloha」を申請していたら、「.amazon」
を巡って南米アマゾンとAmazon社が対立
したような事態になっていたかもしれません。ハワイ

州議会が「.hawaii」の申請を提案する2年前の2010年4月、当時の米大統領であるオバマ氏が
「.hawaii」の申請を検討する内容の嘘(エイプリルフール)がありました。

 

参考
ICANNWiki .hawaii
ICANNWiki .hi
Hawaii Proposes Bill To Force State To Apply For New gTLD’s; 1 Of Which Isn’t Even Allowed

 

・関連記事

あのドメインは今・・・「.日本」(ドット日本)
あのドメインは今・・・「.nato」
あのドメインは今・・・100万ドル出されても売らなかったドメイン
あのドメインが安かったら「Netflix」にしなかった
国家が取得した世界初の1文字ドメイン「u.ae」

You may also like...