【第49回】インターナショナルを表すドメインは2個ある

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

インターナショナルを表すドメインは2個存在していることをご存知ですか?

 

1つ目は、1988年11月3日、国際組織や条約関連における使用目的のために、sTLD(sponsored top-level domain)として、誕生した「.int」。「international」の最初の3文字を使ったドメインです。
このドメインが最初に割り当てられたのは北大西洋条約機構(NATO)でした。

「.int」の登録要件は、政府間の国際条約によって設立された組織であること。
申請手続の際は、国連の条約登録番号を提示、実際に条約に基づいた組織であり、独立した法的地位を有する証明が必要となる為、全TLDの中で最も厳しい登録要件とされています。

 

「.int」を使用したサイト
NATO
https://www.nato.int/
国際移住機関
http://japan.iom.int/
ITTO
https://www.itto.int/
WIPO
https://www.wipo.int/

 

2つ目は、2014年に誕生した「.international」。こちらはgTLDで、登録要件も提出書類も必要なく、誰でも簡単に登録できるドメインです。

 

当然ながら、使いやすいのは「.international」ですが、「.int」は国際条約に基づく組織であることをネット上で証明及びアピールできるメリットがあります。
ちなみに、北大西洋条約機構(NATO)が「.int」が割り当てられるまで使用していた「.nato」は、1996年7月に消滅しています。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *