【第107回】世界初の都市名ドメイン「.LA」は2003年に誕生していた

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

世界初の都市名ドメイン「.LA」が2003年に誕生していたことをご存知ですか?

 

1996年、「.LA」は ラオス人民民主共和国に割り当てられたccTLD(国別コードトップレベルド
メイン)としてスタートしました。ccTLDは基本的に、その割り当てられた地域で使用される
ことを前提としているので、ラオス国民向けのドメインでした。

 

しかし、2003年6月、民間企業であるThe LA Names Corporationがラオスから「.LA」の登録を管
理する権利を取得し、ロサンゼルス(米カリフォルニア州)市民や関係者向けになり、世界初
の都市名ドメイン「.la」が誕生したのです。また、割り当てられた地域以外の都市名を表すこ
とを認められた初のccTLDでもあります。

 

なぜラオスはThe LA Names Corporationに管理する権利を譲渡したのでしょうか?
それは、ロサンゼルスの住民約1,000万人と企業約30万社の需要を狙い、ラオスの国家財政に
寄与することを期待したからです。ビジネスモデルは、自国に割り当てられた「.tv」の登録管
理を民間企業に譲渡して膨大な利益を得た、人口約11,000人の島国ツバルです。

 

2013年の「.nyc」(ニューヨーク)を皮切りに、2014年にリリースされた「.berlin」(ベルリン)、「.durban」(ダーバン)、「.hamburg」(ハンブルク)等の都市を表すドメインは話題になり
ましたが、それより10年も前に「.LA」は誕生していたのですね。

 

参考
.LA Registry
iana .la
wikipedia .la
INTERNET Watch「米でロサンゼルス市民向け「.la」TLD登録開始」

 

・関連記事
「.hamburg」はハンブルクとハンバーグのためのドメイン?
ドメインは島国を救う
ドメインにも種類がある
「.kiwi」は”ニュージーランド人”を表す?
国名を使用したドメイン、政府に剥奪される

You may also like...