【第87回】Loser.com(敗者)でトランプ元大統領のWikiが表示されてしまう

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

敗者を意味する「loser.com」にアクセスすると、ドナルド・トランプ元米大統領のWikipediaが表示されることをご存知ですか?

 

2020年11月9日、ドメインを所有しているイギリスのマルチタレント、ブライアン・コネリー氏
が「loser.com」のリンク先をトランプ元米大統領のWikipediaに設定。このリダイレクトと呼
ばれる設定によって、「Loser=トランプ元大統領」が世界中にアピールされているのです。
同氏は、皮肉、あるいはトランプ氏の敗北を予想するつもりでリダイレクトしましたが、現実に
なってしまいました。

 

これによりアメリカのTwitter上で、ユーザーが検索バーに“loser”と入力すると、 最初に
表示される結果が“Trump”になる現象も起きるようになりました。
Twitter社は「アカウントが特定の用語と一緒に頻繁に言及されている場合、 アルゴリズムに
よって関連付けられ、一緒に表示される可能性があります。 これらの関連付けは一時的なもの
で、人々のツイート方法に基づいて常に変化します」 とコメント。

 

ブライアン・コネリー氏は以前にも、「loser.com」をカニエ・ウェスト、オバマ元大統領、
アル・ゴアのような有名人のサイトにリンクしたこともありました。ターゲットはすべて、
彼自身が応援していない有名人や政治家です。
ブライアン・コネリー氏に嫌われたら、世界一有名な敗者になってしまうかもしれませんね。

 

参考
In Epic Troll, Loser.com Redirected To Donald Trump’s Wikipedia Page After Election Loss
Loser.com web domain links straight to Donald Trump’s Wikipedia page
Wikipedia「Loser.com」

 

・関連記事

あのドメインは今・・・ハワイを表す「.hawaii
国名を使用したドメイン、政府に剥奪される
誤認をねらったまぎらわしいドメイン、ɢoogle.com
ドメインを取得できなかったメジャーリーグ3球団
アメリカ最大のランジェリーブランドを怒らせてドメインを取られる

You may also like...