【第79回】アメリカ最大のランジェリーブランドを怒らせてドメインを取られる

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

アメリカ最大のランジェリーブランドを怒らせて、ドメインを剥奪された話をご存知ですか?

 

美容セラピストであるマリア・ロザーナ・ドス・サントス氏は、「ヴィクトリアズ・シークレ
ットなんて聞いたことがない!」と抗議したにもかかわらず、「victoriasecretbeauty.co.uk」
を手放すように命じられました。

 

ヴィクトリアズ・シークレットは、米国最大のランジェリー小売業者。サントス氏は、自身が
運営するサロンを「ヴィクトリア シークレット ビューティー」(Victoria Secret Beauty)と名付
け、美容院の地下室で営業、ウェブサイトのドメインとして「victoriasecretbeauty.co.uk」を
取得して公開していました。サロンはビクトリア州で営業しており、地下にあって見つけにく
いことから「秘密」と名付け
たと、ドメイン取得の正当性を主張しました。しかし、イギリス
を表すccTLD(国別コードトップレベルドメイン)「.uk」の公式レジストリで
あるノミネット
は、ヴィクトリアズ・シークレット社からの苦情を受けてドメインを放棄する
ようにサントス
氏に命じました。

 

ノミネットのジェイソン・ローキンス氏は、「ヴィクトリアズ・シークレット社のブランドが
どれほど有名であるかを考慮すると、サントス氏が同社と同様のロゴとヴィクトリアズ・シー
クレットという用語を、無意識に組み合わせて使用したという主張は信頼に値しない。ドメイ
ン名が登録された時点で、彼女はヴィクトリアズ・シークレットを知っていたことがわ
かります。
彼女はこのドメイン名を、ヴィクトリアズ・シークレットの人気に便乗したビジネ
ス展開をする
ために使用しました。」と述べました。

 

サントス氏が運営していたサロンのレビューには、「ここでネイルアートを予約する決め手に
なったのは、ヴィクトリアズ・シークレットの関連サロンだと思ったからよ。」といった書き
込みもありました。現在、「victoriasecretbeauty.co.uk」は、ヴィクトリアズ・シークレット社
が運営するドメイン
になっています。有名企業名を使ったドメインは、裁判の末に剝奪される
ケースもありますので、お気をつけください。

 

参考

WIPO Arbitration and Mediation Center

Salon owner ordered to stop trading of Victoria’s Secret name after lingerie giant’s complaint

Victoria’s Secret? Never heard of it, claims beauty therapist in domain row

 

・関連記事

あなたの知らないドメインの世界とは?

プリンスの遺産がドメイン「Prince.com」紛争に決着をつける

「jal.com」のドメイン名紛争でJALが負けた理由

国名を使用したドメイン、政府に剥奪される

Googleと揉めたアヒル

You may also like...