【第115回】180万人以上が暮らすミシガン州ウェイン郡、公式サイトのドメイン更新を忘れる

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

ドメインの更新を忘れたことが原因で、ミシガン州ウェイン郡公式サイトがダウンしたことをご存知ですか?

 

アメリカ合衆国ミシガン州ロウアー半島の南東部に位置し180万人以上が暮らすウェイン郡で、
2016年1月26日(現地時間)、同郡の公式サイトが終日閲覧できない状態に陥りました。

 

ウェイン郡に住むグレンダ・ジョーンズ氏は、「税金の支払いをするため公式サイトにアクセ
スしたら、エラーメッセージが表示された」と、その日の様子を語っています。NBC系列のテ
レビ局「WDIV-TV」の取材に対し郡の職員は当初、「原因は技術的な問題」と回答していまし
たが、すぐに「郡のIT部門はドメイン名をタイムリーに更新できなかったことが原因」、つま
りドメイン更新を忘れてしまったと発表しました。

 

翌27日にサイトは全て復旧。群のスポークスマンが今回の件について謝罪しました。幸いなこ
とに、一時的に「waynecounty.com」を登録可能であったにもかかわらず、誰もこのドメイン名
を登録しませんでした。

 

参考
Wayne County forgets to renew its website domain name
Wayne County Forgets Routine But Key Technology Task
Wikipedia ウェイン郡 (ミシガン州)

 

・関連記事
「Google.com」が第三者に取得された原因は“更新忘れ”ではなく“バグ”
ユニクロのドメイン更新ミス
ドメイン更新ミスをした時にやるべき2つのこと
森喜朗元首相の公式サイト、旅行専門サイトになる
ドメイン登録で「悪意は無かった」は通用しません

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *