【第63回】100年取っても大丈夫?!ドメインの登録や更新は何年まで?

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

 

ドメインの登録や更新は、何年までできるかご存知ですか?

 

現在のドメイン登録保有年数は、最大10年です。

投資会社Ethos Capitalは、非営利組織向けのドメイン.orgを運営・管理するPIRを11億ドル(約
1,199億円※)
で買収することを試み、抗議の声が多数上がりました。

そこで、ICANNの非営利関係者グループNCSG(ICANN s Non-Commercial Stakeholders Group)は、
ドメイン登録者を保護するアイデアの1つとして、ドメインの登録・更新年数を20年に延長する
ことを提案しています。

ドメインの最大登録年数をなぜ20年にするのか、もっと長くして100年ではいけないのか、そも
そも登録年数を任意にしてはどうか等、議論する事はたくさんありますが、
登録年数を見直す
事は重要だと考えられています。

 

その一方で、アメリカの大手レジストラであるNetwork Solutionsは、100年間ドメイン名を管理
し効力が失われないことを保証するサービスを2004年より提供しています。
このサービスは100
年分の登録費用を先払いすると、Network Solutionsが契約を自動的に延長していく方式です。

仮に「.com」の年間登録費用が1,400円だとしたら、140,000円で100年間一切手続きせず、その
ドメインを維持できます。

同様のサービスとして、日本ではゴンベエドメインが2008年6月より「100年ドメインを提供
していましたが、2020年3月現在、新規受付は終了しています。

 

最近はドメインの自動更新が主流になり、更新時期がきたら料金の引き落としが自動で行われ、
契約更新となります。

担当者が変わっても更新ミスによるドメイン失効を防ぐことができるので、ドメインを登録する
際は保有年数に迷っても、
自動更新設定は「ON」にしておきましょう。

※ 2019年12月の平均為替レートで換算。

 

※参考
PIR thinks 20-year domain regs are a good idea

 

・関連記事

ドメイン更新ミスをした時にやるべき2つのこと

国と共に無くなった「.cs」

ccTLDがないラグビー強豪国が2つある

ドメインが原因で銃撃戦

ワインのテイスティングじゃなくて、ドメインのテイスティング

You may also like...