【第20回】全然使われないので消滅したアメリカ領太平洋諸島のドメイン

Pocket

ほぼ誰にも使われることなく、消滅したアメリカ領太平洋諸島のドメイン「.um」をご存知ですか?

 

 

.um」は、1997年に導入された、アメリカ領太平洋諸島に割り当てられていたccTLD
(国別コードトップレベルドメイン)。

 

アメリカ領太平洋諸島に属する、北太平洋のウェーク島、ジョンストン環礁、ミッドウェー環
礁(北西ハワイ諸島)、中央太平洋のキングマン岩礁(北ライン諸島)、パルミラ環礁(北ラ
イン諸島)、ジャーヴィス島(中央ライン諸島)、ベーカー島(北フェニックス諸島)、ハウ
ランド島(北フェニックス諸島)、カリブ海のナヴァッサ島(ハイチが領有権を主張)、バホ
ヌエボ礁(コロンビア、ジャマイカ、ニカラグアが領有権を主張)、セラニャ礁(コロンビア
とホンジュラスが領有権を主張)、以上の島または環礁向けのドメインとされていました。

 

開始当初は第三レベル以上での登録に限られていましたが、2002年4月からは第二レベルドメ
インの登録も認められるようになります。
しかし、ドメインが全くといっていいほど使われず、
南カリフォルニア大学情報科学研究所が管理責任を放棄したいと申し出たこともあり、2007年
1月、ICANNは「.um」の廃止を決定。2008年4月20日にはルートサーバーから削除されました。

 

このため、2019年2月現在、「.um」レジストリだった
United States Minor Outlying Islands Registryサイト
稼動しておらず、「.um」ドメ
インのサイトは、消滅してしまいました。

 

もし「.um」があったら、「platin.um」はプラチナドメインですね。

 

・関連記事

国と共に無くなった「.cs」

無人島や一般人がいない島にもドメインがある

あのドメインは今・・・「.日本」(ドット日本)

世界で一番遠い島にあるドメイン

あのドメインは今・・・「.nato」

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *