ユニクロのドメイン更新ミス

Pocket

ドメインの更新ミスは、誰にでも起こり得ることをご存知ですか?

誰もが知っているような大手企業でも、ドメイン更新ミスによってサイトが閉鎖されたことがありました。

ユニクロドットコム、ドメイン名の更新ミスでサイトが一時閉鎖

ドメインの更新ミスは、何故起きてしまうのでしょうか?

担当者がドメインの登録期間を忘れてしまった、担当者が代わった際に引継ぎが上手く行かなかった、ドメインの管理をすべて任せていた代理店とのトラブル等が理由として挙げられます。

ユニクロの場合は、「uniqlo.com」を海外のレジストラ(ドメイン登録業者)である「NetworkSolutions」と直接契約していたので、ドメイン更新の案内メールが、英文の連絡であったために見落としてしまった可能性があると考えられます。
「英文メール=スパムメール」と判断して、内容を確認せずに廃棄したかもしれません。
日本語で通知が送られてくることも重要です。

あるいは、「uniqlo.com」の更新日が12月28日だったので、担当者が長期休暇中で、更新を失念していた可能性もあります。
担当者が長期休暇中に失効した場合、ドメインの復活作業に時間がかかる場合もあります。
年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休暇などの大型連休前後のタイミングでの取得すると、毎年その時期に更新日を迎えることになるので、細心の注意が必要です。

もしドメインの更新を忘れてしまったら、すぐに復活の手続きをしましょう。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *