【第44回】Googleはタイプミスによって誕生した

Pocket

人知の及ばぬ32ビットの空間に、
名前がついたその日から、
見知らぬあなたと、見知らぬあなたに、
ウェブの糸がつながった
ドメインの織りなす運命を解き明かす
あらたな世界の扉が開かれる
それが、あなたの知らないドメインの.世界

 

本日は、Googleの社名誕生のお話

 

「Google」の名前の由来をご存知ですか?

1997年にグーグルの創業者ラリー・ペイジは、自分たちの検索エンジンの名前を「Googol」(グーゴル)と決め、「googol.com」という文字列のドメインを取得したはずでしたが、間違って「google.com」を取得してしまったのです。

しかし、間違って取得した「google.com」に合わせて、検索エンジンの名前も「Google」に変更してしまいました。

当初取得予定だった「googol」は、1の後にゼロが 100 個並んだ値を表す数学用語で、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という使命にふさわしい名前と考えていました。

 

もしドメイン取得時に間違ったドメイン名を取得したら、そのままそれを社名にするとグーグルのようになれるかも知れませんね。

 

参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/Google#.E5.90.8D.E5.89.8D.E3.81.AE.E7.94.B1.E6.9D.A5

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *